恋愛もの

「トラップホール」のあらすじと感想~崖っぷちアラサーの遅すぎる上京物語!

この作品について

幸せな人生を掴みかけていた二十九歳女子が、いきなりどん底に突き落とされ、東京での
リスタートに人生を賭ける、ちょっと友達にはなりたくないイタイ女の物語です。

☆この作品は、こちらのサイトで読みました!

あらすじと感想

主人公のハル子は29歳、大手企業に勤める同僚の彼と5年の交際ののち、婚約中でした。
仕事も順調で、30歳を目前に大好きな人との結婚が決まり、自分が思い描いていた人生を歩んでいるハル子は幸せの絶頂でした。

ところがある日、彼にファミレスに呼び出され、突然別れを告げられます。

その理由は、同じ会社の後輩のことが好きになってしまったから、という信じられない内容だったのです。

幸せの絶頂から、突然失意のどん底に突き落とされてしまったハル子。
でも、どれだけ辛くても朝はやってくるし、仕事には行かなければならないのです。

会社で元彼や後輩と顔を合わせる度、平然を装うのにかなりのエネルギーを使います。
そのうち同僚にも広まり、気を遣って声をかけてくれる人も出てきました。

母親も気を遣ったり、父親は怒っていたり、親友もハル子が泣くより先に泣いてしまったり…。
そんな周りの反応を有難いと思う反面、鬱陶しくも感じます。

そんな時、東京に上京して飲食店を経営している高校の同級生の浅野くん(この人も後にハル子をさらにどん底に落とす張本人です!)から、「会社辞めて、東京来ちゃいなよー」と軽いノリで誘われます。

最初は冗談で聞いていたハル子も、現状から逃げたい一心で、その話に乗っかります。

その後、ハル子はお決まりのパターンで浅野くんと男女の関係に・・・
ところが浅野くんは既婚者で、お取り込み中に奥さんに踏み込まれたハル子は、裸で外に放り出されてしまうなど、破天荒な展開になって行きます。

果たしてハル子の遅すぎる上京物語には、一体どんな未来が待ち受けているのでしょう??

☆この作品は、こちらのサイトで読みました!

この漫画、私はどハマりしました!

冒頭で人生のどん底に落ちたハル子ですが、東京に上京してさらにもう一段深く突き落とされます。しかも何度も何度も。
失恋していようが傷ついていようが、東京はハル子には優しくなく、厳しく現実を突きつけられます。

ずっと真面目に生きてきてしっかり者だったハル子が、急に仕事も恋人も無くして、自分というものを見失い、もがいてもがいて失恋から立ち直り、再びどん底から這い上がる様子は読んでいる方も苦しくなりますが、とても共感できます。

絵もポップで可愛らしく、登場するキャラもみんな魅力的です。
とくにハル子が東京で出会う劇団員の歩(あゆむ)ちゃんは、生命力に満ち溢れていて、迷いなく夢を追っている姿はキラキラ輝き、ハル子とは正反対の性格です。

私もどちらかというとハル子の性格に似ているので、歩ちゃんの様に自分に素直で夢に貪欲な性格には憧れます。
毎日をワクワクしながら生きている歩ちゃんをみて、いいなぁと思わずにはいられませんでした。

全4巻で完結ですので、一気読みでき、ラストもスッキリしています。
30歳を目前にして、女性は誰しも自分の人生に悩み、迷うと思います。
そんなアラサー女性には、とても共感できる作品だと思いますよ。

☆この作品は、こちらのサイトで読めますよ!

この作品の5段階評価

絵の上手さ    ★★★★
ストーリー展開  ★★★★★
盛り上がり度   ★★★★★
ラブラブ度    ★★★★
総合おススメ度  ★★★★★