ヒューマンドラマ

「ヒヤマケンタロウの妊娠」のネタバレと感想~遂に男が妊娠・出産する時代がやって来た!

この作品について

この作品は、男が妊娠・出産するようになった時代を舞台にした、SFテイストの新感覚ヒューマンドラマです。
男性の妊娠は女性より低確率で、無知と偏見の的として描かれている点が新鮮であり、男性的にはショックかも知れません。
作者:坂井恵理

☆このマンガは、こちらのサイトで読みました!

あらすじと感想

突然変異か、神の意志か、男も妊娠するようになって10年・・・。

エリートサラリーマンの檜山健太郎(32歳・独身)は、トイレで妊娠検査薬を握って絶望感に苛まれます。
男性の妊娠は女性の10分の1という低い確率にもかかわらず、健太郎はまさかの妊娠していたのです。
最低なことに、さらに思い当たる女性は2人・・・。

子どもどころか一生結婚する気もなかった健太郎は、中絶しようと考えます。
しかし、中絶のリスクを医者から説明され、産むかどうか悩んでしまいます。

仕事はどうなるのか?産んだ後はどうやって育てたらいいのか?
今までは出産は女がするのが当たり前と思っていた健太郎は、昨日までは考えもしなかった悩みに直面させられます。

そんな中、会社に妊娠のことがバレ、周囲に偏見の目で見られるようになります。
まだまだ認知度の低い男性の妊娠は、周囲の理解や知識が薄いということを目の当たりにし、健太郎は逆に産むことを決心します!

今まで築き上げてきた会社での立場と、物珍しい「妊夫」という立場を利用して俺の居場所を作ってみせる!と意気込みます。

果たして健太郎の妊娠・出産・仕事はどうなるのでしょうか?

☆このマンガは、こちらのサイトで読めますよ!

この作品はかなり斬新な設定ですが、とても考えさせられる漫画です。

健太郎だけでなく、婚約者がいる男性の子を妊娠した女性や、高校生で妊娠してしまった男の子、2人目の子供を夫が妊娠した夫婦など、さまざまな角度から妊娠・出産について描かれています。

現実は、女性は妊娠によって仕事を休まなければならず、さらに産んでからも子育てと仕事の両立に悩まされます。
子供の体調などで度々仕事を休んだり、皆が働いている中、自分だけが早退しなければならない肩身の狭さは、多くの女性が感じている筈です。

ですが、この漫画では男性も妊娠の可能性があるため、ある意味男女平等!かと思いきや、やっぱり女性が出産子育てをするという風潮は根強いです。
高校生カップルでは、避妊に対する知識の無さから、セックスをする度に妊娠の心配をして不安になるのは彼女の方だし、ある夫婦は、妻が1人目を妊娠した時、つわりが辛くても夫は全く家事を手伝ってくれず、2人目を夫が妊娠した時は、体調が悪いからと仕事を休んで寝てばかり・・・。

実際に現実世界でも男性が妊娠する可能性ができたとしても、きっとこのようなことが起こると想像できますし、とてもよく考えられているストーリーだと感じました。

世の中はまだまだ男女平等には行かずとも、漫画の中の「妊夫」達は、みんな何かしら気づくことがあり、少しずつ女性の気持ちが分かるようになります。

また、女性も自分は女だからと妊娠しても諦めず、健太郎の様に自分次第で社会に自分の居場所を作り出すことができるのでは?と希望が持てます。

この漫画は女性だけでなく、男性にもぜひ読んで欲しいですね!

このマンガはここで「無料」で読めます!
▽  ▽  ▽
詳細ページ公式ページ

この作品の5段階評価

絵の上手さ    ★★★★
ストーリー展開  ★★★★★
盛り上がり度   ★★★★★
共感度      ★★★★
総合おススメ度  ★★★★★