恋愛もの

「ララの結婚」のあらすじと感想~異国の初夜の物語

この作品について

この作品は、異国の地を舞台として、双子の妹を好いた相手と一緒にさせるために身代わりとして富豪の「嫁」になった美少年・ラムダンと、夫となったウルジの物語です。
BL系ですが、絵が綺麗でエロ度も高く、禁断の絡み合いにドキドキしたい方はどうぞ!
作者:ためこう

あらすじと感想

主人公のラムダンは、結婚が決まった妹・ララの相手が生まれ育った村の人々にとって収入の命綱とも言える取引相手であり富豪の家の息子だと知っていながらも、妹には別に惚れた相手がいると知って身代わりを申し出ます。

結婚式の直前に妹達を村から逃がし、ラムダン自身も婚儀のどさくさに紛れて逃げ出すつもりだったのですが、寝室に入ってすぐに媚薬入りの酒を飲まされ、体は自由を失い、そのまま激しく抱かれてしまいます。

それから一週間も婚儀と称した初夜が続くのですが、普通に考えれば胸を触ったら判るし、そもそも入れるところが違うでしょ!? とツッコミを入れつつ読み進めていくと、ウルジにも何かしらの思惑がある様子。

……そうです、ウルジはラムダンこそを自分の伴侶にしたかったのです。

家族思いのラムダンの性格を把握したうえで妹に結婚を申し込むなど、いくつかの策を弄したウルジは「最初からラムダンを見ていた」と告白めいた言葉を伝えるものの、男の自分が男に抱かれて翻弄された挙句、ウルジの元を逃げ出したところで行く場所もないという現実に打ちのめされ、とても相手の言葉を聞き入れられる心境ではありません。

更にウルジのことが好きな女中や、早く嫁を妊娠させろと命じる冷酷な義父(ウルジの父親)、放蕩息子らしき長男(ウルジの兄)も登場して来たところで以下続刊です。

まだ主人公同士の気持ちも通じていませんからラブラブ度は皆無で、物語が動き出すのはこれからという感じですが、綺麗な女の子のような見た目に反し家族思いで行動派、男気溢れるラムダンと、策略家であり胸の内に底の見えない闇を抱え込んでいそうな、顔よし・身体よし・スキル高なウルジ。
二人の気持ちが通った時にどうなるのか、続きが楽しみな作品です。

ちなみに作中には少ししか登場していない妹のララですが、とても真っ直ぐな瞳で他人を信じ、愛する事が出来る芯の強い女の子のようで、彼女が一緒に逃げた男はウルジがあえて出逢わせたと読者には明かされていますから、そちらも気になりますね。

物語もここから期待が持てる雰囲気ですが、この1冊だと淡々と進んでいく感が否めず、物足りなさを感じるかもしれません。

また、美少女のような外観のラムダンは、体のラインも女の子のように柔らかく描かれているので、BLであってもあまり違和感を感じさせないところが気に入りました!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こちらのコミックサイトで無料試し読みできますよ♪

⇒ 「まんが王国」はこちら

※ 検索窓で「ララの結婚」と検索してみてね!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この作品の5段階評価

絵の上手さ    ★★★★★
ストーリー展開  ★★★★
盛り上がり度   ★★★
エロ度      ★★★★★
総合おススメ度  ★★★★