メディア化作品

「彼氏彼女の事情」のネタバレと感想~大人になってから改めて読んで欲しい名作

この作品について

この作品は、1996年~2005年まで『LaLa』で連載されており、全21巻と少し長めです。
最初の方はラブコメ色が強いですが、登場キャラクターの家庭事情(虐待など)が描かれるようになり、ラブコメ色もありながらシリアス度も高い展開となっていきます。
作者:津田雅美

1998年にアニメ化もされており、庵野秀明さんが「エヴァンゲリオン」の次に監督した作品として注目を集めました。
また、アニメのオープニングを藤井フミヤさんがプロデュースし、エンディングには井上陽水さんの名曲「夢の中へ」をカバーしていることでも話題となりました。

このアニメを無料で観ることが出来る方法を最後にお伝えしますね!

あらすじと感想

宮沢 雪野(みやざわ ゆきの)は他人から良く見られたいという虚栄心の塊で、ちやほやされたいという一心から、文武両道・容姿端麗である自分を作り上げ、完璧に猫を被って生活していました。

高校に入学すると、そんな彼女よりも成績優秀な有馬 総一郎(ありま そういちろう)に出会います。彼も文武両道・容姿端麗で、さらに実家は医者の家系です。

雪野も、最初は有馬に敵対心を抱いていましたが、本性を知られてしまい、それを機に素を出していくことを決め、その後恋人として付き合うことになります。
素を出していくことで雪野は友達も増え、充実した高校生活を送っていきますが、その裏で、有馬は今の養親に引き取られる前に受けていた虐待・トラウマのことで心を閉ざしていきます。

表面上はうまく付き合っていた有馬と雪野ですが、ある時雪野は自分が有馬から心を閉ざされていることに気づきます。
雪野は「ちゃんと向き合いたい」と話しますが…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こちらのコミックサイトで無料試し読みできますよ♪

⇒ 「まんが王国」はこちら

※ 検索窓で「彼氏彼女の事情」と検索してみてね!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

20年前の作品ですが、大人になってから改めて読んでほしい作品です。
有馬の実親のエピソードも出てきます。
虐待はもちろんいけないことですが、その親たちの世代(さらにその上の世代)にもドラマがあったのだということも考えてしまいます。

有馬だけではなく、登場人物がそれぞれ色々な家庭事情を抱えていて、涙無くしては読めません。
ただラブコメ感は最初から最後まであるので、ただただ重苦しいつらいマンガというわけではないのが救いですね。
雪野が楽観的だったり、芯の強いところがあったりするので、マンガの雰囲気も明るくなっています。
特に雪野は見栄王かつ野心家でもあるので、文化祭などで見せる彼女のギラギラした面は笑ってしまいます。

また雪野・有馬の友人たちも個性豊かなキャラクターが揃っていて、それぞれの恋愛ストーリーもあるので、全21巻ですが長くは感じない(むしろもっと読みたい!)です。

最後は全員ハッピーエンドなので、ある意味安心して読めますよ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらのコミックサイトで無料試し読みできますよ♪

⇒ 「まんが王国」はこちら

※ 検索窓で「彼氏彼女の事情」と検索してみてね!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この作品の5段階評価

絵の上手さ    ★★★★
ストーリー展開  ★★★★★
盛り上がり度   ★★★★★
ラブラブ度    ★★★★★
総合おススメ度  ★★★★★

アニメ「彼氏彼女の事情」を無料で観る方法!

U-NEXTの無料トライアルを利用すると、この作品を無料で観ることが出来るんです!