恋愛もの

おじさまと猫

この作品について

妻を亡くし、子ども達も巣立って行き、ひとり暮らしをしているダンディなおじさまが、ペットショップで売れ残っていた一匹の猫を飼う物語です。
連載開始前にTwitterで投稿されていたものが話題となり、作者の桜井梅さんの代表作となりました。

綺麗で繊細な絵柄によって描かれる優しい世界観が特徴的ですが、決して現実離れしたストーリーではなく、時には涙を誘われることも……
というより、一話からいきなり泣かされてしまうのではないでしょうか。
絵柄通りのほのぼのとした話が大半ですが、唐突に泣かされてしまう話がよく登場しますので、人前では読まないことをおすすめします。

あらすじと感想

この話は基本的に、猫の「ふくまる」の視点で話は進んでいきます。
ふくまるは売れ残っていたせいか自己肯定感の低い女の子(猫)なのですが、おじさまに可愛がられて少しずつ図々しくなっていく様がなんとも言えず、愛らしいです。

ふくまるの境遇が描かれているため、最初こそちょっぴりシリアス気味なのですが、おじさまとの生活に慣れ始めた辺りで、ふくまるは俗に言う「猫あるある」を沢山披露してくれるようになります。
新聞を読んでいる時など、作業をしていれば上に乗られて邪魔をされ、人間が追いやられるような形でベッドを占領され、ちまちましたものは壊され……
猫を飼っている方や猫好きな方は「あー、あるよね!」と感じるはずでは?
そして、「可愛いから許す!」となるところまでしっかり”猫あるある”だと思います。

ふくまるだけでなくおじさまも、更にいえばおじさまも仕事仲間達も何だか可愛らしいので、色んなところでときめいてしまうこと間違いなしです!
明確に悪い人が出てこない話でもあるので、日常生活に疲れ気味な方にもおすすめ出来るかもしれません。

余談ですが、表紙の絵を見てふくまるの容姿が気になった方は、モデルになったエキゾチックショートヘアを検索してみましょう。
すぐに「ふくまるだ!」となるはずです(笑)
極端なデフォルメではなく、本当にふくまるっぽい顔をした猫ちゃんなのです。

エキゾチックショートヘアはこの漫画の影響か、最近人気になりつつある種類なんだとか。作者様が飼ってみたいと思っている種類だからこそ、この作品に登場したそうです。

猫のいる生活が気になる方、猫好きな方に本気でおすすめできる作品です!

この作品の5段階評価

絵の上手さ    ★★★★★
ストーリー展開  ★★★★★
盛り上がり度   ★★
ラブラブ度    ★★  ※おじさまの奥様の話以外に恋愛要素はありません
総合おススメ度  ★★★★★