「ところで今は何番目でしょうか」を無料で読む方法とネタバレ&感想

「ところで今は何番目でしょうか 」について

受け・川吉れんげは、高校の頃から攻め・市川史郎のことが好きでした。

地味で静かなれんげと、女の子をとっかえひっかえしているモテモテな史郎に接点などありません。

だけど大学生になったれんげは、史郎に近づく為に髪の色を抜き、ピアスを開けました。

遊び慣れた風を装って、史郎とラブホテルへ行く事に成功します。

結局れんげの虚勢は史郎に見抜かれてしまうのですが、

「何番目でもいい、一番さいごでもいいから恋人になりたい」

と伝えて、無事史郎の恋人になります。

しかし史郎は周囲にれんげのことを「処女だしチョロいし、すげー優秀オナホ(笑)」と言っており、その程度の存在でしかなかったのです。

切ないストーリーを想像する方が多いかと思いますが、れんげの天然さが良い味を出していて、一方通行なばかりの恋模様ではなくなっていきます。

プレイ概要は「ところてん、お尻舐め、野外、目隠し」
エッチ回数は3回とちょっと少な目、ち◯こ露出度はまずまずかな♡

以上から、総合エロ評価は「B」ランクにしました!

「ところで今は何番目でしょうか」のみどころとネタバレ

大学のトイレでのセックス

史郎の指がれんげの中を激しく出入りしていました。

れんげは便器に突っ伏して、やめてほしいと訴えます。

人が来たらどうしよう!という不安でいっぱいだったのです。

しかし、喘ぎ声を抑えることは出来ていませんでした。

史郎はれんげに周囲を気にする余裕があることが気に入りません。

れんげの弱いところを指先で擦ると、れんげは射精して腰を抜かしてしまいます。

へたり込んでびくびくと震えているところを、史郎はなおも追い立てました。

上着を脱いで、れんげの目元を覆います。

れんげは何も見えずに、史郎の一挙手一投足にびくびくと反応を示しました。

そして史郎のち◯こがれんげのお尻に押し当てられ、一気に押し入ってきます。

れんげは全身を震わせ、大きな声を上げました。

「今誰か通ったかも?」という史郎に、れんげは驚いて思いっきり史郎のち◯こを締めつけます。

それは史郎にも強い快感をもたらして、腰の動きは一層激しくなりました。

れんげはまたイかされてしまいます。

気持ち良くて、とても声を抑えられそうになくて、れんげは「だめ」と「いや」を繰り返しました。

そのとき、史郎の大きなものがずるりとれんげの中から出ていきます。

れんげの中は喪失感と物欲しさにひくついていて、腰が勝手に揺らめいていました。

それでもれんげは、「誰かに見られたら史郎くんが困るから」「もうやめる」と、物欲しげな顔で告げます。

史郎は我慢ならなくなり、一気にれんげの奥まで貫きました。

史郎は「俺のことだけ考えてろ」と言いますが、れんげは奥が気持ちよくて、言葉も紡げずにひたすら喘ぎ続けました・・・

kanako☆の感想

れんげはとても一途で、史郎のことを第一に考えています。

最初に「何番目でもいいから、恋人になりたい」と言った自分の言葉を忠実に守り続けます。

わがままも言わず、余計な事も言わず、史郎を困らせてしまわないように。

それだけを考えて過ごします。

対する史郎くんは一見クズなのですが、わりと優しい良い奴です。

ある日れんげは風邪を引いてしまうのですが、史郎はお見舞いにきてくれるんです。

れんげは「する…? ぼくのおしり、つ、つかっていいよ…」と言ってお尻を突き出しますが、史郎は手を出すことはせずにれんげを心配します。

 

史郎は昔からモテていて、一度ヤった相手からの独占欲や嫉妬のようなものを煩わしく思っていて、だからずっと彼女を作らずにいたんです。

きっと史郎にとっては独占欲も嫉妬も見せないれんげが新鮮で、かわいく見えていたんだと思います。

逆に史郎の方が、独占欲丸出しでした(笑)

どう見てもれんげは史郎のこと大好きで史郎以外に興味ないのに、れんげが他の人と話しをしただけでむっとする心の狭さ。

読んでいて、「あれ…?攻めクズじゃなかったっけ?健気受けの漫画よね?」ってなりました、良い意味で!!

ということで、今作は健気受けには間違いなくて、れんげの切ない一途な心情がそこかしこに現れていて泣けるのですが、攻めの変化にも注目です!

れんげは健気過ぎて控えめなので、肝心な所では攻めが頑張っています。

想い合う二人の姿にきゅんきゅん出来る一冊でした。

エッチ回数は少ないですが、ページ数が長くてエロが濃いです。

BLにおいてあまり描かれることのない「ク◯ニ」(って言うのかな?お尻舐め)までしています。

それに感じまくるれんげがとてもかわいいです。

 

「ところで今は何番目でしょうか」の5段階評価
絵の上手さ    ★★★★★
ストーリー展開  ★★★★
盛り上がり度   ★★★★
エロ描写度    ★★★★
総合おススメ度  ★★★★