コメディ・ギャグ

「ぷっちん・フリン」を無料で読む方法!作品のネタバレと感想

この作品について

この漫画は、20歳でデキ婚をし、それから22年間の間平穏に生きていた主婦の公子が、ある同級生の事件をきっかけに初恋の人物と再会を果たして…、というあるある型の展開にとどまらず、夫も不倫に走り、相手をはらませてしまうという、ドロドロ系のW不倫ストーリーです。

ですが、タイトルや絵のタッチを見てわかるように、不倫という重たいネタを、面白おかしく、コミカルに描くことで救われている、そんな作品です。
作者:ぬまじりよしみ

あらすじと感想

主人公の公子は、大きな家に一人暮らしをしています。

そんな公子の元に、月に何回か謎の無言電話が…!?

ただ公子は、この電話がなにか会話をしているような気がすると感じ、恐怖心を持たずいつも電話が鳴ると出ることにしていました。

そんなある日また電話が鳴り、またかと思って電話に出ると、その電話は同級生からのものでした。

ちょうどニュースで報道されていた事件の犯人が、公子たちの過去のクラスメイトだったという事実を聞かされた公子。

するとその同級生は、記者に情報提供するために卒業アルバムが必要だから、公子に貸してほしいと頼んできます。

それがきっかけで、公子は数人の仲の良い同級生と久しぶりにランチに出かけることに。

そこで話が盛り上がり、同窓会をしようと一人が提案します。公子は暇そうだからという理由でその同窓会の幹事に任命され、一緒に幹事をやることになった初恋の相手の佐藤という人物と再会を果たします。 

そこから公子は佐藤と食事に行ったり買い物に出かけたりなど、清い交際をしていたのですが、ある人物のせいで夫に佐藤の存在がバレてしまいます。

公子は不倫ではないと言い張りますが、夫はまったく耳を貸してくれません。

そんな中、ある女性が公子を訪ねてきました。その人物は公子に、夫の不倫相手だと名乗ります。さらにその不倫相手は妊娠しているようで…!?

お互いが異性との関係を持っていると発覚した公子と夫。
二人はここからどうなってしまうのでしょうか…

私はこの作品を、こちらのコミックサイトで「無料試し読み」しました!
※ 検索窓で「ぷっちん・フリン」と検索すれば、すぐに読めますよ♪

この漫画はテーマが「不倫」という、道義的にはあまりいい意味ではないものにもかかわらず、コメディ性を交えて描かれているのでとても読みやすい作品です。

主人公の公子だけでなく、夫や娘までもがW不倫をしているという、なんとも凄まじい展開になっています。「泥棒家族」ならぬ、不倫家族ですね(笑)

タイトルから、ドロドロ系の不倫漫画をイメージしたのですが、読んでみて感じたのは、公子のような清い交際関係はお互いにとっても心のよりどころであり、家族を大事にしている前提でのものなので、私的にはアリじゃないかな?なんて思ったりしました(笑) 

公子とは逆に、夫に関しては、初恋の相手と会っていただけの公子にさんざん言いたい放題言ったにもかかわらず、裏では自分も不倫し、しかも相手に妊娠までさせていたとは…

無知な中学生じゃあるまいし、避妊もせずに行為を重ねるなんて、おバカさんにも程があります。バレなきゃいいと思ってるその態度に、読みながらとてもムカついてしまいました()

そんなどうしようもない夫なのにも関わらず、夫の不倫相手にまで気を遣ってあげる公子の姿は、読んでいてとても切なくなります。

私だったら夫の不倫相手にそこまでしてあげられないだろう、ということまで公子はしてあげるので、ちょっと非現実的だなと思いつつも可哀想にもなるシーンもあります。

そんな公子の健気さが、とてもリアルに描かれているのが印象的でした。

この作品の5段階評価

絵の上手さ    ★★★
ストーリー展開  ★★★★
盛り上がり度   ★★★★
コメディ度    ★★★★★
総合おススメ度  ★★★★ 

私はこの作品を、こちらのコミックサイトで「無料試し読み」しました!
※ 検索窓で「ぷっちん・フリン」と検索すれば、すぐに読めますよ♪