ヒューマンドラマ

「めでたく離婚いたしまして~運命の相手は地雷でした」を無料で読む方法!作品のネタバレと感想

この作品について

幸せな結婚になるはずだったのに、どうしてこんなことに…!?というような内容がそれぞれ詰まったオムニバス形式の作品です。

どのお話の主人公も問題にちゃんと向き合おう、頑張ろう!とはするのですが、なかなかうまくいかず、結局「離婚」という選択をしてしまいます。
読んでいて、こんな夫が本当にいたら結婚が怖くなるなー、と思わせる作品が揃っています。

絵柄が可愛いことと、どのお話も完結にまとめられています。
また、内容的にも、そこまでドロドロで重くはないので、テンポよくスラスラ読める構成になっています。
作者:星島ジュン/ばついち有志

あらすじと感想

『直樹×美穂』
主人公の美穂は同じ職場の直樹と、付き合って3年でプロポーズされました。
もちろん断る理由もなかったので、即OKしました。

しかし、美穂からOKをもらった次の瞬間、直樹は「母さん喜ぶよ、家の建て直し時期で2世帯にするか迷ってたし!」と告げるのです。

この時点で違和感を感じる美穂。ですが結局、そのまま同居を開始してしまいます。

そして、いざ同居を始めてみると、姑が大きな障害となり始めるのでした。
姑は新興宗教の信者で、宗教上の教えから、自然派の物しか使っちゃだめだ、ごはんを炊くときはお祈りされた水を使う、Tシャツは有害な紫外線が当たりすぎないように裏返してハンガーは首からじゃなくて下から入れるなど、些細なことまで美穂に求めてきます。

美穂は精神的に追い込まれ、夫にも何度も訴えましたが、夫は完全に姑(つまり母)の味方で、美穂を助けてくれません。

そんな日々が続き、耐えられなくなった美穂は、遂に家出同然で実家に帰ってきました。
最初、美穂の父親は嫁に行ったのだから帰ってくるな!と突っぱねますが、美穂が泣きじゃくる様子を見て理解を示し、とうとう美穂と直樹は離婚することになります。

離婚後、美穂は職場も変わり、新しい彼氏もでき、人生のリスタートをすることが出来たのでした。

『高史×佳苗』
二人は合コンで知り合い、高史の一目ぼれで猛アタックの末、付き合うことになりました。佳苗は高史より五つ年上で、高史は佳苗の大人の女性としての魅力と、その人間性に惚れ込んでいました。

ですが、付き合い出して半年後、佳苗は唐突に「ねえ、いつ式挙げたい?」と高史に聞いてきます。
高史はまだ付き合って半年ではあるものの、佳苗の年を考えたら「今」結婚するのが大切なんだろうと考えました。

そして二人は結婚したのですが、だんだん佳苗の本性が出てくるようになります。
高史が仕事の打ち上げで飲んで帰ると伝えてあるときも、30分以内に帰ってこないと離婚だから、と脅したり、親戚以外の女の連絡先を全部消さないと離婚だから、と脅したり…。

佳苗の束縛に耐えながら1年過ぎた頃に、佳苗の浮気が発覚します。
浮気を悪びれる様子もない佳苗に高史は離婚を訴えますが、佳苗はあっさり了承し、二人は離婚することになりました。

その後、高史は精神的に開放され、まだ若いんだから前を向いて生きていこう!と決めたのでした。

私はこの作品を、こちらのコミックサイトで「無料試し読み」しました!
※ 検索窓で「めでたく離婚いたしまして」と検索すれば、すぐに読めますよ♪

やはり、結婚相手の家族(特に姑)が難ありで、結婚相手に問題がなくても離婚になってしまうケースは、私の友人でも実際に起こっている「あるある」ですね。

また、付き合っているときには隠れている本性が、結婚後に剥き出しになって泥仕合になっていケースもよく聞きます。「成田離婚」なんて、その典型ですね。

このご時世、仕事をしていたらそこまで家事に力をいれるのは難しいと思うのですが、その中で頑張っているのに口出しされたり、やり直しさせられたりっていうのは。本当に体力的にも精神的にも辛いんだろうなと思います。私だったら三日ともたない自信があります!(笑)

こういうお話を読んでいると、本当結婚ってある意味、ギャンブルみたいなところがあることに気付かされます。
離婚するにしたって、いろいろな手続があったり、金銭的にも精神的にもダメージ大きいですから。でも、人生をリセットすることで、幸せなこともたくさんありますしね!

結婚って、人生の難問の一つですよね。
うまく解けるかどうかわかりませんけれど、まだの方は、頑張ってチャレンジしてみて欲しいなと思います(笑)

この作品の5段階評価

絵の上手さ    ★★★
ストーリー展開  ★★★
盛り上がり度   ★★★
ドロドロ度    ★★★
総合おススメ度  ★★★ 

私はこの作品を、こちらのコミックサイトで「無料試し読み」しました!
※ 検索窓で「めでたく離婚いたしまして」と検索すれば、すぐに読めますよ♪