ヒューマンドラマ

「死役所」のネタバレと無料で読む方法

こちらは読者の方々から寄せられたレビューや感想をご紹介するコーナーです。
【作品名】死役所
【作者名】あずみきし

作品紹介

死後の世界、閻魔様のお白洲の裁きを役所に置き換えるという、ユニークなアレンジで描くヒューマンドラマです。
オムニバス形式で、成仏していく死者たちが送ってきた人生がテーマとなりますが、本来であれば重くて暗いお話になるところを、コミカルなタッチで淡々と描かれているので、読みやすい作品になっています。現在、10巻まで配信されています。(2019年8月現在)

レビュー

死役所。そこは「人が死後に来る役所」です。
死役所には毎日、様々な死因、様々な人生を送ってきた老若男女が集まります。
死後、ここで自分の死に対する手続きをするためです。
そこで働く職員さんが、色々な手を使って成仏させてあげる(天国か地獄へ行く)という短編集です。
実は、死役所の職員も死者で、どうして死役所の職員になったのか、そもそも死因はなんだったのか、というところにも少しずつ明らかになっていきます。
自分が死役所を訪れる時、自分の人生はどんなものになっているんだろう?と、考え頭に入られませんでした。  (東京都 20代/男性)
死役所に集まる人たちの死因は、自殺、他殺、病死、事故死…など。
死んでしまった人たちの中には、自分がどうして死んでしまったのかが分からない、とても不幸な死人もいます。
そんな人たちが死役所の職員と一緒に、自分の死因について振り返るとき、客観的に見て気づくこと、周りの人たちを見て思うこと、に涙するシーンが印象的です。
「そうだったんだ」「知らなかった」と、自分の死を後悔するような場面もありますが、死後の世界に行く前にそれらを見ることで、成仏できるというところがミソですね!  (広島市 30代/男性)
生きている人間には知り得ない「死後の世界」ですが、本当にこんな役所があったらいいなあ、と思いました。だって、自分が死んだ後に周りの人たちはどうなっていくのか、自分が死ぬ前に見れなかった世界が明らかになっていくことで、スッキリ成仏ができたら悔いが残らないじゃないですか!
人それぞれ人生がありますが、少し一息ついて、客観的に自分を見てみることも大切なんだなーということにも気付かされました。
絵も簡単なタッチで描かれているような気がしますが、重いテーマだからこそこの淡白さが逆にまっちしているように思います。   (新潟市 20代/女性)

私はこの作品を、こちらのコミックサイトで「無料試し読み」しました!
検索窓で「死役所」と検索すれば、すぐに読めますよ♪

この作品では、家族と和解できないまま亡くなった方や、交通事故にあってしまった小さな子供、自殺をしたけれど後悔している人間など、たくさんの不条理な人間模様が描かれています。
それらを通して生きていることを感じ取り、それぞれの読者が現在手にしている時間を、大切に過ごしてほしいというメッセージが込められていると感じました。
また、そこで働いている職員たちが成仏が出来ない理由や、エピソードも興味深いものでした。
生きている間と、亡くなってからと、人間の気持ちがどのように移り変わっていくのかが、繊細に描かれているところがこの作品の魅力ですね。 (福岡市 20代/女性)
人が亡くなった後は、一体どのようなところへ行くのでしょう?
この作品では、「死役所」がその手続を行うのです。その様子は、まるでこちらの世界の市役所のようなのですが、一つ違うのは、手続きが終わった人は成仏してしまう事。
死役所へやってくる死者の中には、後悔している人もいれば、自分の死を受け入れられている人もいます。
死役所の職員さんは、そんな方の亡くなるまでの人生をひも解いて、「仏様」の最後をサポートする崇高なお仕事を担っているのです。彼らはどうすれば成仏できるのでしょうか?…ついつい読み進めたくなる作品です。  (鳥取市 30代/男性)
この作品では、自分が生きている間の認識と、亡くなってから職員により伝えられる真実の相違、ギャップに驚く死者も少なくありません。
ショックを受けている死者のエピソードはかなり印象深く、亡くなってからでは取り戻せないものの大切さを教えられているような気がします。
また、自殺をしてしまうと成仏できないという設定がシビアで、衝撃的でした!それ以外の死因であれば成仏できるのに、自殺者はどうなるんでしょう?
このネタバレは止めておきますが、自殺の罪の重さを表して、生き続けなさい!という作者のメッセージになっているように思えます。   (横浜市 20代/女性)

私はこの作品を、こちらのコミックサイトで「無料試し読み」しました!
検索窓で「死役所」と検索すれば、すぐに読めますよ♪

「死役所」を無料で読む方法とは?!

ほとんどのコミックサイトでは、「無料お試し」として第1巻を読むことしか出来ません。
そこで、VOD(ビデオ・オン・デマンド)、つまり動画配信サービスを利用してマンガを無料で読む方法があるんです。

VODによって、それぞれ特徴が異なっていますが、どのVODが電子コミックに力を入れているのか、ざっくりとまとめてみました!

VOD名 電子コミックの取扱について 評価
U-NEXT 無料登録で600P、有料サービス開始後は毎月1,200Pが貰える。
FOD 無料登録で100P、毎月3回の購入で合計1,200Pまで貰える。

上の表を見てお分かりのように、「U-NEXT」と「FOD」では豊富な動画コンテンツだけでなく、電子コミックや漫画週刊誌も楽しむことが出来るんです。

「U-NEXT」と「FOD」、結局どっちがオトクなの?

では、今度はこの2つのサービスのメリットとデメリットを比較します!

項目 U-NEXT 評価 FOD 評価
月額料金(除く消費税) 1,990円 × 888円
無料期間 31日間 31日間
無料登録時のポイント 600P 100P ×
毎月付与されるポイント 1,200P 100P ×
ポイントプレゼント なし × 毎月8のつく日に電子書籍を購入すると400P、計1,200P獲得できる
ポイント還元 電子書籍を購入すると最大40%がポイントバックされる 電子書籍を購入すると20%がポイントバックされる

…うーん、結構ビミョーですねぇ!

U-NEXTは月間料金が1,000円以上高いですが、無料期間中に600ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
また、毎月1,200Pが還元されるので、これをきっちり活用すれば実質790円ということになります。

一方、FODは無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
また、1冊400Pの電子書籍を毎月8の付く日(8日、18日、28日)に買えば、400Pずつポイントを貯めることが出来るので、「実質無料」となります。
さらに、20%のポイントバックもあるので240Pが加算され、翌月は1,540Pが得になるという計算です!

結論!

電子コミックのヘビーユーザーなら「FOD」がお得!
動画コンテンツや雑誌など、総合的に楽しみたいなら「U-NEXT」がオススメ!

残念ながら「全巻無料」で読む方法はありませんが、上記VODサービスを上手に使えば、結構無料で読めちゃいますよ♪

無料で「死役所」を読んでみる!