ヒューマンドラマ

「赤い花 白い花」を無料で読む方法!作品のネタバレと感想

この作品について

ある日、路上でぐったりしていた女性を助けた社長令嬢が、なんと助けた女性の策略で家を追い出され、窮地に追い込まれながらも、人間的に成長して逆襲を図る!というハラハラの展開から目が離せない、ピカレスクロマンです。
作者:庭りか

あらすじ

主人公の狩安 光は、悪どい取り立てで有名な高利貸しの社長を父親に持つ令嬢です。
しかし光は、父親の取り立てのせいでカレの両親が自殺した過去を未だに許せず、父親のことを嫌っていました。

そんなある日、光は路上で夫に暴力を振るわれ、ぐったりしていた美影という女性を助けます。

父親が悪い仕事をしているため、せめて自分は人助けをしたいと常日頃思っていた光は迷わず美影を助け、今後の行き先が決まるまでと言って、自分の家に住まわせることになります。

しかしそこで美影は、何もかも自分にないもの全てを持っている光を妬ましく思い、光の父親に好意を持っているふりをして近づき、まんまと取り込んでしまうのでした。

父親を騙すことに成功した美影はそのまま嘘を重ねていき、遂に光を屋敷から追い出すことに成功します。

恩を仇で返され、家から追い出され行く当ての無くなった光は、知り合いに住み込みで働かせてほしいと頼みますが、1万円を渡されその場で断られてしまいます。

その様子を見ていた藤原という老婆が光に声をかけ、住み込みで働かないか?と提案し、光はその日から藤原の家で働くことに… 

何事にも厳しい藤原は、光に対してもキツい口調で厳しい言葉をぶつけてきますが、光はそれに屈さず自分にできることは何なのかと毎日考えていました。

そんな光の様子を見た藤原は、光を一人前の商売人にしようと試みます。

光自身も、自分を捨てた父親より金持ちになって見返してやると誓い、藤原の元でさまざまな技術を磨いていきます。

光は父親と美影を超えることができるのでしょうか!?

私はこの作品を、こちらのコミックサイトで「無料試し読み」しました!
※ 検索窓で「赤い花 白い花」と検索すれば、すぐに読めますよ♪

感想

この漫画は「お金」というワードが、いろんな意味で深く関わってきています。世の中お金と言われるだけあって、この漫画の中でもお金の恐ろしさがリアルに描かれています。

「ナニワ金融道」という、あのエグい作品を思いこさせる、お金の影の部分を教えてくれます。

美影は自分を助けてくれた恩人を妬み、父親をたらしこんで、挙句の果てにおとしめるなんて、普通の人間ならできないですよね。美影、恐るべし!

父親と美影に関する部分では、読んでいてイライラしてしまうシーンが多かったのですが、のちに藤原と出会ってからさまざまな困難に立ち向かっていく光の様子を見て、応援したい気持ちでいっぱいになります。

藤原の指導のもとで、だんだん強くたくましくなっていく光の様子が力強く描かれています。
この藤原という老婆も只者ではないですね!

世間知らずのお嬢様だった光に向かって、ぴしゃりと言い放ったセリフが印象的です。

「父親の稼ぎを汚いと言いながら、父親の金で生きてきたのかい?」

うーん、何とも痛烈、でも爽快!

最終章ではとってもハラハラな展開が待ち受けてますので、ぜひ読んでみてください!

この作品の5段階評価

絵の上手さ    ★★★★
ストーリー展開  ★★★★★
盛り上がり度   ★★★★★
ハラハラ度    ★★★★★
総合おススメ度  ★★★★★ 

私はこの作品を、こちらのコミックサイトで「無料試し読み」しました!
※ 検索窓で「赤い花 白い花」と検索すれば、すぐに読めますよ♪