「Fuck Buddy-ファックバディ-」のあらすじと全巻を無料で読む方法

この作品について

「チャラいヤリチン攻め×ガテン系クールなヤリチン受け」

BL漫画において、ヤリチン攻めが最終的に受け溺愛になる、というのは鉄板中の鉄板です。

安心して読めて、幸せな気分になれる王道設定ですよね。

しかし、この漫画をひとことでいうならば、ジェットコースター。

最後まで読者に安心を与えてくれず、一息つかせてもくれません!

 

この作品はセックスを中心に、複雑に展開していきます。

身体から始まり、相手のことを意識するようになるけどなかなか素直になれなくて、

だけど恋というには拙すぎる状態の中、2人が起こす行動はまさに予想外です。

キャラクターが細やかに作り込まれていて、癖がありすぎるのです。

なので、おそらく共感出来る方は少ないでしょう。

現実離れしたアダルトさと、幼少期の経験による心の闇とが絡み合ったシリアスな展開。

ハラハラドキドキしながら読み進められます。

エロが読みたい時や、ちょっとしたホラー気分を味わいたい方、男らしい受けが好きな方、

そして何より、ヤンデレ好きな方にオススメです!

あらすじとみどころ

受け・柄本諒は、高校時代から “後腐れなくヤれる女” と空き教室でセックスするほど、人一倍性欲が強く、攻め・赤西雄司とは高校時代からの知り合いでした。

空き教室で“性欲処理の相手”を奪い合うこともしばしばある、ヤリチン仲間だったのです。

 

ある日、女性一人を交えて3Pをしているとき、諒は女性にち◯こを噛まれてしまいます。

当分使い物にならないほど赤くなり、痛みを伴いました。

欲求不満を感じる諒に、赤西は前立腺をいじってやる、と言い出します。

諒は暴れまくって抵抗しますが、赤西はやる気満々でした。

「感じる部分、一カ所増やしてやるからな」という赤西のテクニックはさすがで、諒はア◯ルへの刺激だけで射精してしまいます。

 

次の日、赤西は「いじってやろうーか?」と声をかけてきますが、諒は屈辱に耐えられず拒否しました。

そして一週間後、ようやく諒のち◯こは回復します。

赤西がナンパしてきた女を連れて、3人でラブホへしけ込み、前戯も早々に女に突っ込みますが、同時にお尻に疼きを感じました。

その時、赤西の指が諒のナカに入り込んできます。

諒は堪らずあえぎ声を漏らし、あっという間に達してしまいました。

2本の指ではもう、物足りなくなっていました。

 

急いで帰宅し、ベッドに行く余裕も服を脱ぐ間も惜しみ、諒は玄関で赤西から犯されます。

以降、女と3Pした後に2人でセックスするのが流れとなりました

諒は多少嫌なことがあっても、性欲さえ満たされればすっきりする性格でしたが、次第にそれだけでは物足りなさを覚えるようになります。

 

そんな中、赤西は「彼女が出来た」と言い出して―――。

しかしそれは、心の奥底に眠らせていたはずの闇を目覚めさせるきっかけに過ぎませんでした。

明らかになっていく諒の過去、赤西の幼少時代。

転げ墜ちていく2人から目が離せません。

 

・・・この続きはぜひ本編で読んでみてください。
ネタバレになるので書き切れなかったストーリーや過激な描写も、じっくり読むと最高です♪

「まんが王国」で試し読みが出来ますよ。

 >>まんが王国はこちらです

「Fuck Buddy」で検索すると出て来ますよ。

感想

女性との行為描写ありで、苦手に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、二人の女性に対する扱いがまあ酷いこと。

ユルいからイけなかっただの、クソビッチだの、腐れマ✕コなどなど、言いたい放題なので、あまり気にならないかと思います。

全体的にエロおおめ。一回一回のエロが濃厚です!

諒はア◯ルセックスの快感にすっかり目覚め、女性とのセックスでは満足出来なくなります。

女とヤったあとでも身体の熱が収まらず、寝ている赤西をたたき起こして抱いてもらうまでの淫乱に。

もしやセックスでなし崩し的にくっついて終了か?と思いましたが、そんな単純な話しではありませんでした。

 

この漫画は、ストーリー展開がすごいです。

序盤は恋愛要素をほとんど感じさせずエロ満載。

中盤もエロ、ちょこっと心理描写。

後半にかけて2人の過去など、暗い闇の部分が描かれ、シリアスな雰囲気に。

終盤は完全なる狂気。

最終的な感想は、「子どもか!ww」です。

トラウマを乗り越えるとまでは行かなくても、一歩を踏み出して泣き崩れる姿は胸アツです。

最後まで読んで結末を知った上でもう一度読み返すと、また違った形で楽しめます。

怒濤の展開に引き込まれて、夢中になって読みました!

 

受けが攻め以外と行為しますので、苦手な方は注意が必要です(※ビッチ受けではありません)。

私はとても嫌でした。なんでこうなっちゃうかなーと思いました。

他にやりようあったでしょう、と思いましたが、これがあるからこそな結末でもあるので、難しいところです…!

一巻で完結していますが、その後の2人を書いた短いストーリーが電子書籍にて発売されております。

この作品の5段階評価
絵のうまさ      ★★★★★
ストーリー展開    ★★★★★
盛り上がり度     ★★★★
エロ度        ★★★★★
総合オススメ度    ★★★★